骨折治療中の息子、吃音は?②

吃音克服チャレンジ こどもの吃音(どもり)
吃音克服チャレンジ

こんにちは、二コマです。骨折して1週間ちょい、ちょうど病院で診察してもらいました。

スポンサーリンク

6歳子供、腕骨折1週間後

手術で入れた針金はきちんと入ってました。骨はまだ1週間なのでつながっておらず。

折れた時から38度の発熱。これがずーと続いていて心配していました。

1週間検診の時も、そのまま発熱退院時にカローナ(痛み止め)の処方だけでしたので

熱が下がらない旨伝えると、今回は5日分の抗生物質を処方してもらいました。

昨日飲むと、少し熱が下がっていたので今日も飲めば下がるかな?

熱が1週間以上続くと、さすがに食欲と体力が落ちてしまいますので、早く熱が下がるといいな。

最近の吃音事情(どもり)

二コマの息子、6歳は来年小学校です。残り半年で本人がストレスないくらいに吃音が改善するといいな・・・。と思っていますが。。。

骨折して1週間、これをよい機会にとあまあまな状態です。

パパさんは、この甘い状態に少し不満があるようですが、二コマとしては

骨折だから甘いのよー。とパパにも息子にも説明し甘いママとパパで過ごしています。

赤ちゃんスイッチ

甘いモードになると、一人息子は赤ちゃんモードに切り替わってます。

「ママー」「ママー」「パパー」「パパー」

すごい数で呼ばれる。まるで赤ちゃんの試す時期みたい。

テレビで見せたい画像が出てきただけでも、呼びます。

息子、文章でなく言葉で

どもりが最近回数が減ってきたな・・・とこの1週間思っています。

吃音が出やすいのは、文章で頭の中で思ったこと表現するときに良くどもります。

最近は赤ちゃんモードですので、文章というより単語や短い文章で言葉を伝えてきています。

併せて、赤ちゃんモード=ぶりっこ口調で話してくると、ゆっくり丁寧に本人が言葉を発するのでどもりにくいようです。

目標はどもりを、忘れさせること

どもりって、うつります。と二コマは思います。方言とかも、影響受けたりしますよね?

口癖とかも。

他人からもうつるし、自分でも口癖を使い続けてたら思わず使うようになっちゃうし。

赤ちゃんモードで、改めて言葉を習得しなおすぞ!と

勝手に、息子のどもりと向き合おうと思う日々です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました