障がい児向け小学校説明会に参加

小学校説明会 こどもの吃音(どもり)
小学校説明会

先日行政の小学校説明会に参加してきました。吃音治療を幼稚園の時のように希望する場合はこの説明会に参加する必要がありました。

  • 特別支援教育について 
  • 小学校入学までの流れ 
  • 小学校への引継ぎについて

個々の両親の心配毎がそれぞれで、二コマの悩みと他の悩みも十人十色。本当に感じました。

特別支援教育について

特別支援学校

学校教育施行令第22条の3において規定する障がいの程度に相当する児童生徒

特別支援学級

学校教育法第81条の2項

障がいがある為に通常の学級における指導では適切な教育を受けることが困難な児童生徒。少人数クラスです。学校によって、対応する障がい・対応が難しい障がいがあるように説明されていました。(二コマのエリアは)

通いでの指導

通常の学級での学習におおむね参加でき、一部特別な指導を必要とする児童。

吃音やADHD(注意欠陥多動性障がい)などの二コマのこどもはこちらに該当する可能性が高いです。

説明では、加えて「今は支援を必要とする児童が増えていて、待ち?の状態や回数が少し減ったりしている。その状態を改善しようと取り組んでいる」といわれていました。

また、この通いでの場合二コマのエリアでは学校の外の別の施設で支援をうけることになります。移動時間もいれると2時間から2時間半は小学校を抜けることになります。担任の先生との抜けた授業を補填する対策を話し合う必要がありそうでした。

小学校入学までの流れ

集団説明会→個別相談会(子どもあり面談)→教育委員会で検討→判定結果→入学通知書→入学説明会

今回はこの集団説明会に参加しました。幼稚園で受けていた支援を受ける為に、また審査から。管轄が違うし、振り分け先が違うのでしょうがないですが。。。

小学校への引継ぎについて

引継ぎノート(簡単なプロフィール)のようなものを使ってもいいよー。とのことでした。二コマの決まりはなさそうです。

小学校説明会を受けて吃音のこどもを持つ 二コマまとめ

これは働きながらではむずかしいなぁ・・・。と感じました。

だって、今幼稚園向けの行政支援(言語聴覚士・作業療法士)も通ってって・・・。

幼稚園だっていろいろイベントあるし。

やっぱり気持ちはシングルマザーでいかないと、「ママばっかり大変だ!!」な気分に陥りそうな気分です。

ママがこれだけ気持ち的にも時間的にもいっぱいいっぱいになる小学校準備。

ってことは、二コマのこどもはもっと小学校への入学はストレスになるはずです。

安心して通えるように、事前にできることを少しでもしてあげたいな・・・。と再度考えさせられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました