発達障害・吃音、多動性と向き合う親の気持ち

こんばんは、二コマです。6歳の息子のどもりや多動性と向き合うママです。

何がきっかけかは、分からない点も多いですが向き合っています。

本人が一番、辛く向き合っています。

時々、子供のフォローをしたくて、いっぱい調べて・・・勝手にママが落ち込んで。。。

という無限ループに陥ります。

二コマの息子には、安定した緩やかな環境を用意すべきなんですが、上記のように

ママが不安定になることは避けたい・・。

息子の前では、超絶ニコニコの優しいママです。

たまに怒っちゃうけど。

不安は絶対に見せない。

いろんな文章をみると、吃音治らないのかな・・・。

一生って、息子を健康に産んであげれなかったのかな・・私。って考えてしまう時があります。

ちょうど、そろそろそのループに入る気持ち?タイミングでした。

昨日?、小さな幸せがいっぱい落ちてきて

いつの間にかに、日にが過ぎていました。

あ・・・。すごいなー。

たくさん重なりあったり、人のやさしさや思いやりに触れると

暖かい気持ちになることを、この年で・・・。年齢でスッと響きました。

よく、小学校とかで先生がそういうこといってたけど

理解できていない状態のママ大人になっていた二コマ。

自分が弱っているときにやっと理解できました!

二コマの息子にも、二コマがそのような母親になれるように

母親業を精一杯したいな。と本日痛感しました。

支えてくれる人に、本当に感謝する日々です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました