多動性を落ち着かせる為だ。走れ!飛べ!叫べ!

多動性改善 こどもの吃音(どもり)
多動性改善

こんばんは、二コマです。

今日もいつもの子供の治療?に行ってきました。

今回は多動性(作業療法士)です。今月はあと吃音症(言語聴覚士)のも通うの残ってた気がします。。

全ての多動性が該当しないと思います、二コマ家の場合の指導内容です。

多動性の特徴

二コマ家のこどもの多動性の特徴は

良く言うと

元気・好奇心旺盛・ハイペース・声が大きい・色々なことに気づく

悪く言うと

うるさい・落ち着きがない・集中できない・なかなか寝ない

5歳までは、多動性かな?って思っていても。。。まぁ・・・いいかな?その子の個性だ!と思っていました。

多動性で困ること?

上記でも書いたように5歳まではいいかな?って思っていました。

もうすぐ6歳!吃音がひどいままです。

焦り出しました。二コマ家の場合吃音もですが、吃音の為か?話す言葉が吃音の出にくい言葉を選んで子供が単語で話すので、同級生の5歳児より言葉がスムーズではありません。

併せて、どもりがあるので。。。

ママじゃないと、何を言っているか?わからない場面も多いです。

小学校、やばい!!

何言ってるかわかんない&落ち着きのない子

私も苦手だった小学校・中学校はとても閉鎖的で人と違うと生きずらいはず!

狭ーい小学校のスクールカーストにおいて・・・子供が生きづらくなるかも

社会人になったら、落ち着かない職業だってあるし、

仕事なんてなんでもあるよ!って子供に教えたい。

小学校に向けて、がんばらなきゃ!

多動性の調整方法

まだまだ調整は試しまくりで、効果がとても出てるものとかないけど・・・。

比較的に人並み?になる瞬間、作業療法の方と話しました!

ストレスや気持ちが200%多動や吃音にでる

「この子は、ストレスや気持ちが200%多動や吃音にでるね」と言語聴覚・作業療法それぞれの先生にいわれました。二コマも見てて、そう思っていたので3人一致。

作業療法士からみたストレス発散は

「走れ」「飛べ」「叫べ」

ストレスがたまった子供をみていると、ジャンプ!奇声!

そこで、先生のアドバイス通りに

朝5時 6キロ自転車を子供が乗る

これを2週間試しました。

その2週間、自転車に乗った日は子供が言うことを聞きます

そう、落ち着いた5歳児でした。しかも満足気にニヤニヤ一日中。

雨で、自転車に乗れない日が4日ありました。→ジャンプ&奇声復活!

二コマの子は、寂しがりやで甘えん坊!そして体力有り余るこども!

走れ!二コマ!ダイエットもできちゃうやん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました