イクメンに納得いかない。ワーママの生き辛さ。

ワーママの生き辛さ 共働きと専業主婦
ワーママの生き辛さ

二コマです!

共働きの時にもそうですが・・・。専業主婦になっても

イクメンということば・・・・好きじゃない!な二コマです。

イクメンとは

子育てに熱心な男性に対して使う言葉!だそうです。

イクメンの語は、この「イケメン」の肯定的な語感を踏襲し、「イケメン」の「イケ」を養育の「育」に置き換えた合成語である。マスメディアの主婦向け情報番組などが、子育てに熱心な男性を現代的な父親像として定位する意図で用いたことから普及した

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

へ・・・・・え。なんかな

子育てに熱心な女性に対する言葉はなんでしょうか?

「子育てに熱心な女性」の言葉で検索してもなかなか出てこなかった。

イクメンの女性版はなんていうのか?わからないからその意味から逆引きしてみると、

逆引きからは女性向け、男性向けとどちらもマイナスなタイトル記事も多く驚きました。

※検索の仕方が悪いのかな???

いくつか 子育てに熱心な女性 での検索結果をみていると、

  • 教育ママ
  • 完璧な母
  • 教育熱心な人は出世できない

「子育てに熱心な男性」で検索してみると・・・

  • イクメン 出世しない、できない
  • 夜淡泊

とかかなー。

へんなの、ネットの世界では頑張る人は男女ともに叩かれる記事なの?

世の中がそうなのかなー。

どっちにしても、二コマはイクメンという言葉好きじゃない。

だって二コマはママです。

ママは世間や育ってきた過程で完璧なママを目指して頑張ってみんな毎日自分のペースで子供と向き合ってる。人によっては100%自分の責任で。

パパは・・・ちょっと手伝ったらイクメン?

学校でいつも100点目指して勉強してる人と、いつも0点の人が10点とった時

今の社会は後者を褒めてる!

育児にあまり参加してなかった男性イクメンを褒めるなら

ママ褒めてよ!!! 正社員で昔の人よりバリバリ・男性と同じくらい働きだしてるよ!

常識・当たり前の世の中風だけで解決しないで・・・

そこで、ワーママだった時本当に苦しくなった!

仕事場で、ママの二コマばかり休む、早退する。

夫婦ともに 正社員。責任ある。会議ある。お客さんある。納期ある。一緒ですよ・・・。

産めるのは女性だけ、体張って産んでます!それはとても幸せなことだと思う。

育てるのは、ともに体張ろうよ!!イクメンとかそういう軽いやつじゃなくて!!!

と心の中で叫びながら、共働きを乗り越えてたからこそ、このイクメンという言葉が好きじゃなくなった二コマですね・・・。

仕事を辞めた今、イクメンに

二コマは仕事を辞めて、イクメンという言葉に敏感に反応しなくなってしまっています。

喉元過ぎれば熱さを忘れる

に二コマなってしまってたんですね。。ブログを書きながらハッとしました。

少しずつ長く口にださないと、一向にワーママの生き辛さはかわりませんね。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました