わが子は吃音治療中の5歳、そのママの気持ち

吃音ママ こどもの吃音(どもり)
吃音ママ

こんばんは、二コマです。

スポンサーリンク

吃音治療で親が指導されること

吃音治療は一喜一憂してはいけない、半年1年周期で様子をみる。

吃音治療は本人が一番悔しいし、つらい。

吃音治療は怒ってはいけない、焦らせてはいけない、イライラしてはいけない。

吃音治療はストレスが悪化の要因なので、ストレスを減らさなければいけない。

吃音治療は言葉を言い直したり、代わりにいってはいけない。

吃音治療は言葉だけで話すのではなく、本人が伝えたい内容についてはなしたりくみ取ったりする。

うーーーん。結構してはいけないことが多くて、大変ですね。吃音とか関係なくても、ママが子供に対して怒ってしまうような内容がほとんどNGです。

二コマ家の場合は吃音&多動性&敏感・・。

ってことは、ちょっと嫌な顔でもしようなら・・・・ストレスMAXやん。

二コマは、仏ママ二コマにならなくてはなりません。

二コマのこどもへの接し方は

二コマはどんなママかというと・・・。結構タンタンとしていて、「へぇーそうなんだ。ちょっとママのお願いきいてくれる?」的な結構理論的に子供に話している方のママだと思います。だけど、それでも、たまにイラっとしたときには「〇〇ちゃん、それダメやん?」※イラ顔

はあるので・・・。これが吃音をひどくしているのか???

二コマはどうやったら、仏ママになれるのでしょうか?

時間に追われないようにするために、仕事を辞めた二コマです。

今朝の二コマと子供の出来事

今朝、買い物に行った際に、「お子さん可愛いですねー。何年生ですか?」と声を掛けられ、こどもは「ちちちちがうよ。よよよようーーーちえん」と答えて。

「そうだったの」といったおばあちゃんの顔が気になりました。

どもりのことを、何かいいたげか???

そんな日常ですら、少し卑屈になりそうになる二コマですが、ブログに書くことで

少し冷静になれます。

見てくれてる方がいるだけで、本当に救われている毎日です。

いつも、いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました